花火の合間の夜空の暗闇と静寂が

自分同窓会をすると色々ある。

そうと決まったのはいいけど作れるわけじゃないから

「外は暑くて、中は寒い。」

 

季節は夏がやってきた。

四季の中で唯一、終わると表現される夏。

毎年どんな夏を過ごしているかなんてのは、

いつまで覚えているのだろうか?

 

去年は、幸せいっぱいの夏。

好きな人と餃子を食べてりカラオケに行ったり、

朝一で豚カルビマヨネーズ食べたり、

虹色の夏。

 

一昨年は、辛かった夏。

目の前で、友達が事故にあって、生死をそばで見守るしかできなかったり、

でもいろんなことが芽生えた夏。

 

3年前は、初めての夏。

初めてタイに行った。一人旅をした。

少し彩の選択肢が増えた夏。

 

4年前は小学生60人くらいと

和歌山の田舎にキャンプに行った。

当時はあまり楽しめなかったが、

今思うとびっくりするくらいに楽しそうだ。

 

5年前は、二回訪れた夏。

高校野球最後の夏。

時が止まったかのごとく、終わってしまった夏。

 

6年前は、手も足も出なかった夏。

自分たちの代では、どこが相手でも叩けるようにすると誓った夏。

 

7年前は、正直あまり覚えて居ないけど、

3年最後の夏。

自分はこんなもんじゃないと、這い上がるべく夏。

 

8年前は、中学最後の夏。

幼稚園からの幼馴染、小中とライバル校。

最後の打者になった夏。

 

9年前は、最強だった先輩たちがあっけなく負けてしまった夏。

 

10年前は、、もうあまり覚えて居ない。

覚えている夏も夏の全体像なんかではなくて、

夏の印象に残っている一部分だったりするもんだ。

 

 

今年の夏はどんな夏になるのだろう。

なんてことを考え出したのがもう7月下旬だったりする。

 

不思議にも当たり前にも、

過去は確かにあったもので。

人類生きているみんなが、今もこの世界のどこかで

同じ時間を生きている。

どう生きているのかはわからないけど、生きている。

 

最近悲しかったことの一つがあって、

人間だから欠点とか失敗とかはあるんだろうけど、

例えば恋愛面で、

 

いわゆる二股なクズな大人の男がいて、

その二人が身近な人だからってクズっていう人もいるけど、

それはもちろんだけど、身近な二人でなくてもクズだと思うし、

 

それに対して、さもおれはそんなことしないと行った口調で、

その男性に対して怒りを表していた人がいて、

言葉遊びが上手で、

女性とかが「大人」な魅力を感じやすいような、

綺麗な文章とか口の出す奴は、

3股くらいをしてて、しかも身近な。

多分身近を除くともっといるかもで。

 

悲しくなった。

それでも周りは、その発する言葉遊びに乗せられているのだろうけど。

 

すごく悲しい。

地球はこんなにも美しいのに、

人の心が汚くしているように感じる。

小さい頃からそう思ってると、

だいたい「まだ子供だね」とか言われるけど、

そんなものになるくらいなら、子供でもいい。

 

された人が、その周りが、どんなに悲しい気持ちになるかを

知らないんだろうか、わからないんだろうか。

 

いつか結婚をすることができたときは、

お互いに、そういったことがない二人がいい。

信じた方がバカになるそんなれないの先なら、いらない。

 

新しい環境で、慣れないことで、初めてのことで、

働くことの大変さとかが、現実にやってきて、

辛いこととか、しんどいことは沢山あって、

何度ものまれそうになった。

 

そこでいろんなものを下向きに生きる生き方は、

でも、そんな自分は、ダサいしカッコ悪くて。

大変で折れそうで、苦しくて、

でもその先には、まだ何かあるかもしれなくて、

踏ん張って踏ん張って生きる。

ダサい生き方、かっこ悪い自分では嫌だ。

 

負けそうなとき挫けそうなときも見ていてくれるなら

頑張っていけそうなきがする。

一人で生きていけるけど、一人じゃ生きていけない。

温度のなくなる心はいらない。

人の温かさのある、そんな風に生きたいと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑苦しい人混みの中笑って歩くのは僕だけ

働き始めて1ヶ月後に入ってきた、

三年目の先輩が、今日飛んだ。

 

1つのミスが起きて、

次の日から来なくなり、

今日正式に飛んだ。

 

周りの人たちは、

「誰それ?」「いたっけそんな人」

みたいにもう存在を忘れたかのごとく。

 

ただ残ったのは、

彼の仕事が残された人に回ってくる。

 

最後に何を会話したか覚えてないけど、

そんな風に急に居なくなった。

引き止めようとする人もなく、

相談された人もいなく、

少し、寂しい、悲しい。

 

 

今朝から明日夜中までぶっとうしで仕事。

一昨日から昨日もぶっとうしで仕事。

でも昨日は知り合いの店にふらっと飲みに行った。

ビール2杯だけ、1時間だけって決めてたけど、

ビールは4杯、男前ジョッキウーロンハイにテキーラ3杯。夜中の3時くらいまで。

 

これがめちゃめちゃ楽しかった。

たまたま帰ろうかしたところで知り合いが1人来て、もう1人来て、その友達の50代の人もきて、って感じで。

 

人と話すのは楽しい。

少し悲しいことと寂しくなる事実も知ってしまって、

思うことはあるけど、楽しかった。

その聞いてしまった、

悲しいことと寂しくなることと、ムカつくことと、くっそー!って気持ちもあるけど、でも笑いあえるっていい。

 

醜い言葉や醜い愛ではち切れそうな心を、

優しい言葉や好きな人の愛で包まれたい。

あなたを包む全てがやさしさで溢れるように。

 

いろいろあるけど、

惚れた女には幸せになってほしいだけってやつ。

 

急遽の買い出し。

夜は長い。

でも夜は短し歩けよ乙女

 

 

恋の歌をバカにするのが通の嗜みらしいけど あんなに素敵な気持ちを何故 歌わないのか僕には分からない

例えばの話。

 

一年前に

好きな人と餃子を食べた。

公園で線香花火をした。

 

一年後の今日は、

仕事以外で誰とも話すこともなく、

終電近くで帰宅し、

買った来た弁当を食べ、

シャワーを浴びて眠りにつく。

ここ最近のいつもの1日。

少しさみしいけど、ここ最近のいつもの1日。

 

でも、

一年前の今日、

好きな人と餃子を食べた。

公園で線香花火をした。

 

その記憶がある。

思い出す。

すると何でもなかった今日が、

ほんの少しだけ鮮やかに見える気がする。

 

体内がヒリヒリしても、

不安と怖さで押しつぶされそうになっていても。

そういった記憶が引き繋いでくれるときがある。

 

ダサい魂にはなりたくないから、

負けそうでもくじけそうでも泣きたくてもカッコ悪くても、

生きねば。

 

好きな人と笑いあえる毎日を。

例えばの話。

 

 

 

 

 

今日は何とか朝一瞬だけでも帰りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惰性で見てたテレビのスイッチを切るような

この2週間の精神状態はダメだった。

その全てが金土ときた

 

してはいけないミスを5つ以上した。

怒られまくったし、もう呆れられただろう。

 

先輩にも上司にも。

 

自分が悪いのだけれど、

仕事のできない自分が嫌になる。

 

好きになれない自分も

こんな気持ちで過ごす日々も

 

世界は自分を映す鏡なら

今の自分は最低でクズで嫌いになる。

 

そう考えるなら、世界は何とストイックなんだろう。

 

惰性で見ていたテレビを消すような

そんな風に終わりたい逃げ出したくなる。

 

今が踏ん張る時

なのだろうか。

ここで耐えたら身につくだろうか。

それは自分次第だろう。

 

逃げ出せば楽にはなるだろう。

何が残るのか。

 

 

 

わからない。

どちらも怖い。

 

でも進むのが時間。

どっちにしても誰も気にも留めないだろう。

旅に出たいが、お金はない。

 

なんて言ってマインドは

すごくネガ。

 

ネガになっても何も変わらない。

気休め程度にしかならない。

 

 

だから、だから。

がんばれよ自分。

 

置かれた場所を嘆き続けるばかりではダメだ。

置かれた場所で咲きなさい。

 

 

そんな時の言葉を置いていく。

 

勝手に駄目だと決めつけてチャレンジもせずに諦める。ま、お前に限らず?人類全般に言えることだな。ぶつかりもせずに自らの手で奇跡の扉を閉じていてば、幸せなど舞い込むわけがない。当たって砕けろって言葉があるが、本当に砕けた人間なんて見たことあるか?人間は丈夫な生き物だ。相手に気持ちを伝えたくらいで砕けやしないよ。良いか?決めつけはタブーだ。

 

 

奇跡の扉を探し続けるんだよ!どうしても運命を変えたい、そう願い続けることでしか、奇跡の扉は開かないようにできてる。奇跡の扉を開ける鍵は、お前の心の中にしかないんだよ。お前はそれに気付いていないだけだ。

 

「その時は辛かったり、失敗だなって思ったとしても、それがなかったら、今の私がここで笑ってないって思ったら後悔することなんか一つもないって思ったの。」

 

 

大事なことは、過去を嘆く今ではなく今を変えようとする未来の意志だ

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張る上手になりたいね

頑張る上手と楽しむ上手になれたらいいなと思う。

 

例えば世界が鏡なら、それはあまりにもストイックすぎる世界だと思う。

 

小さなことを積み重ねることが大切。

 

その先に夢があるのだろうか。

右手にサイダー左手は。

夏は蝉がうるさくて、
牛頸川と橋の下が1番心地よい場所になる。

 

f:id:uusshhii:20170530213944j:image

 

それは、夏を感じる場所だからなのか。
とても大切な友達とよく過ごした場所だからなのか。

気がつけば、次いつ会えるのかも、
あと何回会えるのかもわからない日常だ。
誰かが家庭を持てば今よりさらに。

ほんの少し前までは、
川に集合も、公園に集合もできた。

もっと最初は、
毎日同じ教室に登校していた。

まだ身長が毎月伸びてるくらいだった。
まだ誰かに好きと伝えることが出来ない年頃だった。
まだ誰かを許すことの出来ない自分だった。

気づけば地元を離れた。
気づけば社会に出てた。

今の仕事は、
あまり楽な仕事ではない。
毎日肌がヒリヒリするような感覚の中仕事をしている。
正直辛い。辞めたいと何度も思う。

とりあえず3ヶ月。
そう思って働いている。
気がつけばもう、明日で丸3ヶ月。
辞めるには、逃げ出すには、
まだ納得のいくほど重ねていない。

そんなの関係なしに逃げ出すほど、
辛く悲しい現実ではない。

のかもしれない。

のだろう。

不幸中の幸いだ。

 

 

本当はもっと、温かく働きたい。
それは「楽」がいい。とはまた違う。
かと言って、描く未来を掴むにはまだここで重ねられていない。

また明日また明日と日々は続いていく。
来年の今頃はどこでなにをしているのだろう。

夏には、地元の川に行って、
いつものやつらと笑い合いたい。

気がつけば少し大人になって、
それでも忘れてない童心を。

みんな自転車で会える距離にいたらと思う。出会った頃はそうだった。そんなことには、今気づく。

たくさんの人と出会ったおかげで、
多分上京する選択をした。
上京しても仲の良い友達が何人かいる。

それでもなお、思うのだ。
夏は、青春の魔法の夏は、
地元の川で過ごしたい。

 

でも、去年の沼袋のような、

ああいう日常も好きだ。

東京でまた、あんな日常を過ごしたい。

 

そんな日が訪れた時には、

きっと、仕事もヒリヒリが、

変わってきているのかもしれない。

 

思ったよりかは、大変ではないけど、

思った以上に、大変だ。

 

働いて、触れて、

やっと自分のしたいことが見えてきた。

いつも少し遅れてやってくる。

就活の時には何も知らなかった。

そして、知らなかったのだろう。

 

 

さあ、また明日どんな日が待っているだろう。

 

 f:id:uusshhii:20170530214202j:image